京都府保険医協会会員様の共済制度のご案内です

針刺し事故/感染症への補償

針刺し事故への備え、従業員の福利厚生にも

 医療従事者にとって針刺し事故は身近なリスクです。医師や看護師、医療機関の従業員が業務上の針刺し事故によってB型肝炎を発症して治療を受けた、あるいはHCVウイルス・HIVウイルスに感染した場合に保険金が支払われます。
京都府保険医協会は、2つのタイプの保険をご用意しています。業務上のリスクを補償し、従業員の福利厚生の向上にお役立てください。

針刺し事故等補償プラン
[傷害総合保険:損保ジャパン日本興亜]

  • オプション補償は選択できます。(上記は①~④すべて選択した場合の保険料)

 

針刺し事故感染症見舞金補償プラン
[約定履行費用保険:三井住友海上]

  • 会員が自院の災害見舞金規定に基づいて、給付対象者である自院の従業員(院長を含む)に対して見舞金を支払ったことの確認が必要(加入に際して、災害見舞金規定の策定および提出が必要)。
  • 最低保険料5,000円。
  • この資料は概要を説明したものです。詳細は取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。

 

【取扱代理店】
有限会社アミス
【引受保険会社】
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 京都企業営業部営業課
〒604-8152 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町671 TEL075-252-8030 FAX075-223-2317
SJNK16-80218 (2016.10.11)
三井住友海上火災保険株式会社 京都支店京都法人営業課
〒600-8090 京都市下京区綾小路烏丸東入竹屋之町266 三井住友海上京都ビル7階 TEL075-343-6141 FAX075-343-6189
承認番号:B17-200624
使用期限:2018.8.5